お皿のお話

明治・大正・昭和・平成、そして令和
うれしい時、悲しい時を一緒に過ごして来たお皿

今でもお茶とお菓子をきれいに見せてくれてます。